悩みの原因であるクマを治すために~美容外科で効果的な施術~

医者

ビタミンc点滴に注目

スキンケア

神戸の美容皮膚科ではビタミンc点滴などの美肌治療を受けられます。ビタミンcは食品やサプリメントなどから摂るより、点滴によって肌に直接注入する方が美肌効果が高くなるのです。さらに神戸の美容皮膚科では、プラセンタやトラネキサム酸などの成分もあわせて点滴してくれます。

View Detail

目元周りを綺麗に

顔の手入れ

原因と特徴を理解する

目のクマといってもその種類は様々です。そもそも目にクマができる原因は、目の周りの皮膚がその他の体の箇所よりも薄いため毛細血管が透けて見えるためです。ストレスや睡眠不足などで血行が悪くなると、血液中の酸素が減少して血液が黒ずんでしまうため、クマが発生し目の下に現れます。 その特徴から次の3種類があります。1つ目は、青クマです。血流の低下が原因で、睡眠不足、冷え性、長時間のデスクワークなどによる目のまわりの血流の悪化によるものです。 2つ目は、黒クマです。主にたるみが原因で、加齢により皮膚がたるむとその影響でたるみの下に影ができ、目の下が黒ずんで見えます。1度悪化すると治すのが難しいのが特徴です。 3つ目は、茶クマです。紫外線を浴びることでシミとなる場合や、強くこすることなどして色素沈着したものです。黒クマと同様に治すのが難しいものです。 これらの種類を理解して、それらに応じた対策をすることで治すことができます。

種類に応じた解決策

まず青クマを治す方法です。原因は血流の悪化ですので、まずは血行をよくすることが最優先です。マフラーや腹巻き、足元を温かくして、毎日運動を欠かさないことです。さらに、目元周りは、お湯で温めた蒸しタオルや市販のホットアイマスクを利用して疲れを溜めないことです。 次に黒クマです。原因は目の下のくぼみやたるみなので、目の周りをふっくらさせることが有効です。美容クリームなどを使って目の周りのハリを取り戻します。生まれつき目の周りの脂肪が少ない方や、加齢によりすでにたるみが出ている方は、美容皮膚科や美容整形外科で治療するのも1つの方法です。茶クマですが、紫外線による色素沈着、つまりシミなので、美白ケアが有効です。この美白ケアですが、黒クマ同様に美容整形外科などで施術が可能です。それぞれの悩みに合わせた施術が行なわれ、また目元だけであればそこまで高額になることはありません。日々のスキンケアも大切ですが、それと同時に長い間治す努力をしても消えないクマは、美容整形外科などに行ってプロに解消してもらいましょう。

多くのクリニックが存在

顔

横浜には多くの美容外科が存在します。さまざまな手術が可能なクリニックが多いため、利用する人のニーズに対応してくれます。最近では大掛かりな手術ではなくメスを使用しない方法での手術に人気が集まっている傾向です。

View Detail

たるみに効果的な整形テク

女の人

年齢がダイレクトに出やすいのが頬のたるみで、たるみを改善させるための整形テクニックも存在しています。女性のみならず、男性にも有効的なのが、表情筋などの筋肉刺激によるリフトアップ術で、手軽さで若返りを期待できます。

View Detail