悩みの原因であるクマを治すために~美容外科で効果的な施術~

女性

たるみに効果的な整形テク

女の人

筋肉刺激でリフトアップ

頬のたるみと一口に言っても原因は様々で、弾力性が弱まることもたるみを作り出す原因の1つです。肌弾力は、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを生成する繊維芽細胞がピンと張った状態で適度な弾力を生み出すことができるものの、コラーゲンなどが行き渡らないためにハリが低下しやすく、ゆるみやすくなります。また、女性のみならず、男性にも言える頬のたるみの原因は、表情筋や深層 筋の衰えが挙げられています。整形テクとして話題性を集めているのが、この表情筋にアプローチできる美容機器の利用で、美容業界でも導入されている美顔ローラーを用いることで、表情筋に刺激を与えることができる特徴が挙げられています。頬の筋肉を鍛えることにより、リフトアップ効果が期待でき、微弱な電流を流す美顔ローラーも展開されているため、結果として若返り効果が期待できる内容です。

ほうれい線までが緩和

頬のたるみは、加齢によるだけではなく、若い年齢からもたるみ肌を引き起こすケースは増えています。頬のたるみによって、顔全体が下がるため、自ずとほうれい線までが若くして目立つケースも増えています。整形術によってリフトアップさせることも可能ですが、頬杖をついたりする癖や姿勢など、毎日の生活習慣によって、顔の筋肉や皮膚は影響を受けてしまいやすく、頬たるみを再度招くケースも問題視されています。筋肉を意識的に使う一工夫により、筋肉退化を抑制できるのみならず、頬たるみが原因になっているほうれい線を薄くすることなど、見た目年齢を引き下げるメリットを得ることが可能です。ポイントは、毎日気軽に行えることにあり、継続することに意味があるために手軽さは重要と言えます。例えば、下へと皮膚をたるませている筋肉として、あご下の顎舌骨筋を鍛えることが望ましく、口を大きく開いたり閉じたりするだけではなく、硬い食べ物を意識的に食べることでも筋肉刺激に繋がります。